Tokyo Motor Show

planning movie shooting casting


モーターショーで新しく発表される車のPVを作るときは、車の開発段階からクライアントのオリエンがあったりするんです。開発者の意図や商品コンセプトをしっかりと取材したうえで企画をたて、正確に映像として表現しなければなりません。開発段階ということもあり、素材・予算・時間が非常にキツイんです。でもクライアントとヒザを突き合わせて話をしたり、一緒に悩んで答えを見つけたりすることは、とても刺激になるんです。そう、TYAの仕事の価値観は作って楽しいか、見て楽しいかです。これを基準にしているTYAだからクライアントにも満足してもらえる物を作れるんです。

Making a PV for a motor show concept car is always going to be a challenge because the brief is based on the chief engineer’s concept for the car and not an actual car.Based on interviews and discussions with developers, we develop an image that communicates their intentions for the car. And since there is no car to shoot and budgets and time are at a premium, creative has to be strong yet realistic. In the end, we judge the work by our values: is it fun to make and is it fun to watch? We make things that we are proud of, and in the end, that is why clients are satisfied with our work.


TOYOTA FT-EVIII Concept Videos


TOYOTA AQUA Next Decade Compact Hybrid – PV