Konami Game Package

package shooting poster printad event branding


ゲームのパッケージデザインはグラフィックの仕事の中でも独特だ。あの小さいスペースの中に沢山の要素や制約が多く、おまけにゲームの世界感も出しつつ、何よりインパクトが必須だったり。

その中でも、このウイニングイレブンは日本を代表するゲームなだけに、クライアント側に強いこだわりのあるクリエイターやプランナーがたくさんいる。その全員を納得させるのは容易ではない。
ただ、クライアント側にそれだけの情熱があったからこそ、その気持ちに応える努力は惜しまなかった。時には1つのパッケージを作るのにカンプが100案を超えることも・・・
毎回必ず大きな壁にぶつかり、それを試行錯誤し乗り越えるという連続だったので、一向に慣れる事もなかったが、気づけば10年近くも続いていた。長く携わる事が出来たのは、クリエイティブ力はもちろん、人と人との信頼関係を大切にしてきたからではないだろうか。

昨今スマホゲームの様なお手軽ゲームの流行で、家庭用ゲーム業界が厳しい状況だが、一ファンとしてこういったクオリティの高いゲームの人気が復活してくれることを願っている。

Game package design is the boss level for graphic design. Space constraints and a wealth of necessary information, logos, technical details and even what the game is about. Oh, and it has to be able to jump off the shelf.

We created the package designs for Winning Eleven, a legendary football game, for ten years. Naturally, as many creators and designer folks are involved on the client side, we faced a constant barrage of requests and suggestions; sometimes requiring 100 versions of the same concept. But despite the challenges and walls we had to crash through, it was the client’s passion and commitment that made this project worth all the effort. The long era that we worked on Winning Eleven was possible not only because of our strong creative, but also because we like to build strong relationships with our clients.

Unfortunately, the appeal of high-quality home video games is losing to the fast food allure of smartphone entertainment. As fans of the genre, we hope for a revival.